バングラデシュにおけるブリッジSEの特徴

ベンガル語を使いこなすバングラデシュブリッジSEの特徴

海外へのオフショア開発の手法を用いると、日本国内での開発環境にはない利点が得られます。そのオフショア開発を採用するにあたっては、どの国のどのオフショア開発会社を選ぶかも要所です。
バングラデシュは、人口密度の高い発展途上国として、多くの人材の可能性を見出すことができます。バングラデシュにおけるブリッジSEのブリッジ役としての特長には、ベンガル語を使いこなす事ができるかという点が、重要なポイントです。
ブリッジSEがブリッジとしての必要な役を果たすためには、日本とバングラデシュの開発者の意思疎通を助ける必要があります。
そのため、バングラデシュの主要言語であるベンガル語の能力が求められます。

ブリッジSEの育成が必要なバングラデシュの開発業界

バングラデシュは、隣国であるインドの情報技術による立国の成功に習って、情報技術者の育成に力を入れています。
そのため、今後はオフショア開発の対象国として、バングラデシュを加える可能性も十分に見い出せます。その際には、一般的な情報技術者に加えて、ブリッジ担当のバングラデシュのブリッジSEの育成も重要です。
ブリッジSEは、オフショア開発で重要な役割を果たす人材です。
しかし、ブリッジSEには高度な技術力が必要であるため、簡単に育成する事はできません。ブリッジSEの育成に力を入れていく事が、今後のバングラデシュのオフショア開発対象国としての成長に影響します。

スケジュール管理能力を持つバングラデシュブリッジSE

世界のそれぞれの国には、国民性に大きな差があります。毎日忙しく働く国民性の国もあれば、その一方でおおらかでのんびりとした労働姿勢を持つ国もあります。
バングラデシュにおけるブリッジSEには、クライアント企業の急な依頼にも応える事ができる迅速な行動力が求められます。ブリッジSEは、マネージメント能力の高さも必要です。
そのためには、厳密なスケジュール管理を行い、関連スタッフの能力を上手く使いこなすことが大切です。
バングラデシュのオフショア開発会社が日本の企業とタッグを組んで、求められる期日までの開発を確実にこなすために、バングラデシュのブリッジSEが担う責任は大きな物があります。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)