中国におけるブリッジSEの特徴

中国ブリッジSEの技術力や日本語能力について

中国でオフショア開発をする際には、ブリッジSEの存在が極めて重要になります。
ブリッジSEは、IT技術だけでなく、中国語と日本語を話すことができ、中国と日本の文化や商慣習にも精通している必要があります。
ブリッジSEは、中国人技術者と発注元の日本企業との橋渡し的な存在としての役割を果たすことが求められます。
多くの中国人のブリッジSEは、日本に留学して日本でIT技術を学んでいますので、日本人技術者と同レベルの高い技術力を有しています。
日本語の能力は人によって違いはありますが、日常会話は支障なくでき、IT関連のことなら専門用語を交えて日本語で会話ができる能力を有しています。

中国ブリッジSEの役割

ブリッジSEは、オフショア開発に於いて極めて重要なポジションにあります。
中国人ブリッジSEに求められることは、高いITスキルと日本語によるコミュニケーション能力に加え、組織を統括するマネジメント能力やリーダーシップなど幅広い特性が求められます。
ブリッジSEが優秀であれば、中国でのオフショア開発は成功する確率が高くなりますので、オフショア開発に果たす役割はとても大きいものがあります。
ブリッジSEは高度なITスキルが必要になりますが、それにも増して人間性が極めて重要になります。
中国でオフショア開発を行い成功させるためには、優秀な中国人ブリッジSEを確保することが極めて重要です。

中国人ブリッジSEの確保の方法

中国人ブリッジSEは、中国でのオフショア開発においては極めて重要な役割を担います。オフショア開発を成功させるためには、優秀な人材を確保することが必要になります。
中国人ブリッジSEは、ブリッジSE専門の人材派遣会社もありますので、派遣会社を使って優秀なブリッジSEを確保することができます。
中国で日本語が堪能で日本文化にも精通している技術者の多くは、経営者側の人間になっていることが多く、現場の労働者では優秀なブリッジSEが不足しています。
派遣会社を使った場合、優秀なブリッジSEを確保することはできますが、中国で行うオフショア開発の詳細について、綿密に打ち合わせをしておくことが大事です。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)