無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

中国オフショア開発のリスク

中国オフショア開発リスクは見積りにあります

中国オフショア開発のリスク中国オフショア開発リスクとして挙げられるのは、そのしたたかな国民性に見られます。
例えば、日本の企業が提示した作業上の設計に対しての中国企業の見積りは高くなることが問題視されています。この問題が起こることは、単に見積金額を吊り上げているという見方も出来ます。
しかし、中国企業の言い分としては、日本企業との業務プロセスの違いから、人材を多く必要とするということで、日本企業にとっては疑問符がつくような工数の見積りを提出されることもあります。
これは日本企業にとっては中国オフショア開発リスクの中でも大きなものと考えられますので、他国のオフショア開発先と比較をしてみて、コストパフォーマンスをしっかりと検討する必要があると考えられます。

日本語のレベルが低いスタッフもいる

中国オフショア開発リスクは日本語をマスターできていない人材が多いということもあります。
もちろん全てのオフショア開発企業で日本語が話せないというようなことはなく、むしろ中国のオフショア開発企業は日本語が堪能な人材が多いと言えます。
しかし、中国企業は人材の入れ替わりが激しく、日本語のレベルが低い人材も多いことは確かです。
日本語が理解できないエンジニアが多いのであれば、仕様書などの翻訳に時間を費やすことが多くなりますから、結果的に時間以外にも費用がかさむことになります。
これも中国におけるオフショア開発リスクとなりますので、同じ中国企業に依頼をする場合は、相手企業の調査をきちんと行ってから依頼をすることが大切になります。

多方面からの比較が大切

近年のオフショア開発の市場を考えた場合、日本企業はもう一度見なおす必要があります。本来はコスト削減のためにオフショア開発を行っている筈であり、それができなくなるということは本末転倒です。
中国の場合は人月単価の上昇が沿岸部を中心に発生していますし、また政治的なリスクも考えられます。
同じ海外のオフショア開発企業と比較をした場合、ITインフラが整備されているなどのメリットはありますが、それ相応のリスクがあることも考慮しなければなりません。
中国オフショア開発リスクと、近年台頭しつつある東南アジアのオフショア開発企業とを比較し、トータルバランスを考慮して進めることが大切になります。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ