無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

インドにおけるブリッジSEの特徴

高いIT技術を持つインドブリッジSEの特徴

インド ブリッジSEの特徴情報技術の分野で、大きな存在感を持っているのがインドです。国の発展のために推し進めてきた情報技術のIT人材育成が、現在のインドの大きな産業力に貢献しています。
インドの技術者の開発力を、オフショア開発で活用することが可能です。日本とインドの遠く離れた開発現場を互いにつなぐ役割を果たすインドブリッジSEの特長には、高いIT技術を持っている点があります。
インドのオフショア開発会社は、比較的高度なシステム開発案件を請け負う企業が多く、実績も豊富です。
そのため、インドブリッジSEは、高度なシステム開発を行う事ができるよう、技術力やマネジメント能力を持っています。

人材不足に対処する必要があるインドのブリッジSE

オフショア開発において、ブリッジSEは重要な役割を担います。オフショア開発の対象国のエンジニアとコミュニケーションができる言語能力が求められます。
また、開発分野について詳しい理解力が必要です。しかし、優れた能力を持ったインドブリッジSEの特徴には、その人材確保が難しくなっている傾向にあります。
インドの技術者の人気から、獲得競争が激しくなっています。そのため、インドとのオフショア開発を行うには、日本からのブリッジSEの派遣により、まかなうケースも多いです。
インドのオフショア開発を行うために、インドとの仕事ができるブリッジSEの確保や育成が求められます。

交渉力の高いインドへのブリッジSE

協力関係にある日本とインドとの開発会社も、互いに意見の食い違いから議論となることも多々あります。インドのビジネスマンは、明確に物事を表現するため、インドのオフショア開発スタッフとの交渉に高い交渉力が必要です。
インドブリッジSEに求められる特徴としては、論理的に物事を説明し、説得力ある発現ができることが重要な能力として挙げられます。
高度なシステム開発案件について、インドの技術者と渡り合っていけるだけの交渉力を持ったブリッジSEであれば、インドとのオフショア開発の場面でも十分にその仕事をこなしてくれます。
ブリッジSEのインドでの役割が、プロジェクトの完遂に大きな力になります。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ