無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

インドオフショア開発のデメリット

国の相違に伴うインドオフショア開発デメリット

インドオフショア開発のデメリット海外に開発の力を求めるオフショア開発は、新しい開発の方法として採用されつつあり、近年では主流な開発手法の一つとなっています。ただ、日本と海外との開発現場は互いに距離が離れていて、意思疎通などに問題があります。
しかしそれでも、海外のオフショア開発会社を利用することにメリットがあります。インドはオフショア開発でも代表的な国であり、インドオフショア開発デメリットから学ぶことも多いです。
インドオフショア開発のデメリットは、インド現地のシステム開発会社との連携が、ある面で難しいことを示しています。
開発環境の相違から来るプロジェクト進行の障害について、あらかじめそのデメリットを把握しておく事が、リスク回避につながります。

インドオフショア開発デメリットとしての生活習慣の違い

インドには特有の文化が根付いています。インドの人々の生活習慣が、インドオフショア開発において影響を与えることもあります。
インドオフショア開発のデメリットには、インドの習慣を尊重してのプロジェクトの進行計画を立てる必要があるという点があります。効率的な開発プランを立てたとしても、それがインドでの開発で上手く進められるとは限りません。
インドでのオフショア開発デメリットを解消するためには、インドでの開発で直面する要素について、あらかじめ把握できる情報が必要です。
インドオフショア開発における過去の失敗例からは、インドでの開発デメリットの対策を立てるための手掛かりが得られます。

開発手法が違うインドオフショア開発デメリット

海外のオフショア開発会社は、独自の開発手法を用いている場合があります。インドとのオフショア開発においても、開発手法の違いは開発の進行にとって問題となります。
互いのシステム開発の分担が難しくなり、また後々のトラブルの原因となりかねません。日本とインドとの開発手法の違いを吸収するために、あらかじめコストをかけてでも開発方法の見直しや統一手法を編み出す必要があります。
開発手法の違いから来るインドオフショア開発デメリットを克服することができれば、そのノウハウを他のインドでのオフショア開発においても応用する事が十分に見込めます。
今後インドへのオフショア開発を進めていくにあたって、取り組む価値はあります。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ