無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

インドネシアにおけるブリッジSEの特徴

インドネシア語を使いこなすインドネシアブリッジSEの特徴

インドネシアにおけるブリッジSEの特徴海外へのオフショア開発を利用することで、安価な労働力を利用したシステム開発やソフトウェア開発などのプロジェクトを進めることができます。
しかし、海外へ開発を移す場合には、委託先の国によって事情が異なるというケースは多いです。
インドネシアの開発会社に委託するオフショア開発で欠かせないインドネシアブリッジSEの特徴は、インドネシアの公用語であるインドネシア語と日本語との通訳や翻訳が上手くこなす事ができるかと言う点にあります。
インドネシア人ブリッジSEの特徴は、日本とインドネジアとの意思疎通を助けるという役割を持ってます。その大役を完遂するだけの十分な能力が求められます。

電力不足に対応できるインドネシアのブリッジSEの特徴

オフショア開発を行う上で、開発会社に開発するだけの十分な環境が整っているかを確認する事は重要です。順調にスケジュール通りに開発ができる環境がなければ、スケジュールをこなすことができません。
インドネシア人ブリッジSEの特徴には、インドネシアの電力インフラへの不整備に対する対処能力があることが挙げられます。
インドネシアは、全体的に電力供給が不安定であるため、停電などの可能性が大きいです。
システムなどの開発に電力確保は必要不可欠である事から、インドネシアの電力事情に十分に対応できるマネージメント能力が、インドネシアのブリッジSEには必要です。

良好な関係が築けるインドネシアでのブリッジSEの特徴

海外のスタッフと共にシステムなどの開発を手がけるには、チームワークが大切です。
日本とインドネシアの距離を埋める役割として、ブリッジSEが存在します。インドネシア人ブリッジSEの特徴には、インドネシアと日本の友好的な関係があるという点に注目ができます。
互いに良い国民感情を持っているため、商談から開発までスムーズにコミュニケーションを進める事が可能です。
インドネシアでの開発チームのマネージメントに大きな役割を持つブリッジSEと良好な関係を築く事ができれば、開発中に生じる様々なトラブルに対しても、共に協力しながら解決に向けて対処していく事が可能です。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ