無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

インドネシアオフショア開発の単価

インドネシアオフショア開発の単価と特徴について

インドネシアオフショア開発の単価インドネシアのオフショア開発は、インドネシアではSNSやスマートフォンの普及率が高いので、SNSやモバイル系に強いことが特徴です。大型の案件はあまり強くなく、中国などと比べると開発時間(開発工数)はかかります。
インドネシアオフショア開発単価ですが、インドネシア人のIT技術者の平均的な月単価は約24万円です。中国やインドなどと比べると、5万円から10万円程度安くなります。
インドネシア人のIT技術者は、欧米でのオフショア開発の実績が豊富ですので、英語力が高いことが特徴です。
インドネシアオフショア開発単価が安いので、中国やインドからインドネシアにオフショア開発を移す日本企業が増えています。

インドネシアオフショア開発のメリット

インドネシアオフショア開発のメリットは、英語力が高い優秀な技術者を安いコストで確保できる点です。
インドネシア人のIT技術者は日本人技術者と同様に、勤勉で手先が器用ですので、IT技術者としての適性が非常に高く、要望通りのソフトやアプリを開発することができます。
インドネシアオフショア開発単価は、ラボ型開発にするとさらに安くすることができ、安いコストでソフトやアプリを開発することができます。
インドネシアの人口は約2億4000万人で、中国とインド、アメリカに次ぐ世界第4位の人口を擁しています。
インドネシアでオフショア開発すると、2億4000万人の巨大マーケットに参入することができます。

インドネシアオフショア開発のデメリット

インドネシアオフショア開発のデメリットとしては、ITインフラの整備が少し遅れているため、大型案件についてはあまり実績がないことです。
携帯電話の普及率は100パーセントに近いので、モバイル系の開発には実績があります。
インドネシアでは欧米流のオフショア開発が浸透しており、日本のやり方が通用しない部分があることもデメリットになります。インドネシア人技術者は離職率が低いので、じっくりと時間をかけて日本の手法を指導すると、日本のやり方に順応させることができます。
これらのデメリットがありますが、インドネシアオフショア開発単価は安く、技術者は優秀ですので、SNSやモバイル系の開発のオフショア開発には最適です。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ