【失敗事例から学ぶ】オフショア開発成功のカギ

【失敗事例から学ぶ】オフショア開発成功のカギ

コスト削減やリソース不足の解消を目的としてポピュラーになった「オフショア開発」という手法は、日本企業の45.6%が活用しているとも言われています。日本に比べて安い人件費で開発を行えることや豊富なIT人材を抱える海外開発企業に外注することは今後、さらなる日本企業に活用されることが予測されます。

ですが、慣れない海外現地の開発会社とのやりとりの中では、失敗事例があるというのも事実です。実際に検索エンジンで「オフショア開発」などと検索すると、「オフショア開発で失敗した。。。」という生地を見かけることもあります。その中で、今後オフショア開発の導入を検討する一方で、失敗のリスクを懸念されている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、オフショア開発のマッチングサービスを9年続ける「オフショア開発.com」で実際にあったオフショア開発導入の失敗事例のご紹介から、失敗の原因を解説・分析し、オフショア開発成功のカギをご紹介いたします。今後のオフショア開発導入のご検討材料として頂ければと思います。

開発会社選びで失敗してしまう事例

オフショア開発導入の失敗事例として一番多いのが、「開発会社選びで失敗してしまう」ということです。

オフショア開発会社と言っても、色々な企業さまがいらっしゃいます。国によっても特徴が異なればサービス形態も異なります。例えば、親日国でもあるベトナム企業には日本語でのコミニュケーションに強みを持ちます。一方、第2カ国語として英語が活用されているフィリピンでは、開発の現場でもやはり英語コミュニケーションに強みを持っています。

各国のオフショア開発情報については「オフショア開発.com」が毎年いただくお問い合わせデータを元に作成する「オフショア開発白書」をご参考にしてみて下さい。

オフショア開発白書はこちらから

自社で開発会社を探す場合は、各国企業の特徴を理解した上で自社でコンタクトを取り見積を集め、比較検討する必要があります。そのため、労力もかかる上に、特にはじめての導入の場合は自社で調査し比較検討して発注先を決めたけど、失敗したというお声を聴くことも多々あります。実際に、「納期を守ってくれなかった」「最初に言ってることと違かった。。。」「仕様書と全く異なる納品が届いた。。」「対応が悪い」などのお声を聞くことがあります。海外が故にコミュニケーションが難しいこともあり、そういったクレームを生む原因になります。やはり、開発会社選びがオフショア開発導入の成功を左右するのです。

しかし、海外の企業の中でも優良企業がいることは確かで、場合によっては低単価で日本品質以上の納品を保証してくれる開発会社もいます。「オフショア開発.com」なら各国のオフショア開発コンサルから御社の開発案件をヒヤリングさせて頂き、厳選企業の見積紹介を無料で行っているので、是非お気軽にご連絡下さい。

コスト感が合わずに失敗してしまう事例

オフショア開発を導入することでコストダウンすることは可能でございます。なぜなら日本より低い人件費の国で開発を行っているため、人件費でコストダウンできる分開発にかかる費用もコストダウンできます。

しかし、あまりにも発注企業さまの期待が高すぎて、マッチングしないというケースもあります。開発内容によってコストダウン率は異なり、大規模な開発案件ほどそのせいかを感じていただくことができます。まずは、現地の相場をしっかり把握した上で国内の見積価格と比較して導入を検討することが大事になります。オフショア開発.comでは5,000件以上の相談実績があるため、御社の開発案件をお伺いした上で各国の相場のご共有をさせていただくことが可能です。

発注先探しで、お困りですか?

オフショア開発なら「平均42%のコストダウン」も実現!

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)