オフショア開発のITエンジニア(IT技術者)の特徴

オフショア開発のITエンジニア(IT技術者)について

オフショア開発のITエンジニア(IT技術者)というのは、今や世界で注目されています。
大学からIT技術を学び、さらに日本語などを学び外国との共同開発に積極な人材派遣をしている所もあるくらいなのです。
それくらい日本のIT企業(ITベンダーやSIer)というのは注目されているのは間違いないので、これからお話しするのオフショア開発人材がどれだけ優秀なのかを話していきます。

インドネシアのIT技術者について

オフショア開発ITエンジニア(IT技術者)という人材はとても貴重になってくる時代です。
その人材をたくさん発展させていこうとしている国がベトナムやインドネシア、バングラデシュになります。
この国は大学からITエンジニアを誕生させようとさせています。この大学は日本の企業が求めているスキルを大学の授業として大学で直接指導を行っております。
なので、日本の企業は即戦力として迎え入れる事が可能になるのです。
またベトナムやインドネシア、バングラデシュ以外にも中国やミャンマー、フィリピンなども現地大学と提携し優秀なITエンジニアを保有しているオフショア開発企業も多くいます。
日本のユーザーが求めていることやスキルという面で力を入れているので、オフショア開発をおすすめします。

海外のIT大学事情について

オフショア開発ITエンジニア(IT技術者)をたくさん誕生させている各国の大学なのですが、なぜここまで優秀な人材を輩出できるのでしょうか。
それは、各国の大学ではいくつかの最終試験を合格しないと卒業できないなど、ある一定基準を設けているためです。

例えば、
・日本語についてです。日本語検定3級を合格させています
・基本情報処理技術者試験合格です
・日本で実施する面接です

上記のような条件をクリアさせる事で、優秀なIT人材を誕生させているのです。
その大学はその国では一流大学ですので才能を持った人材がたくさんいるので信頼と安心が生まれます。
今後の展開としては、オフショア開発にもっと積極的にしていくシステムを構築していきますので、注目が必要となってきます。

発注先探しで、お困りですか?

オフショア開発なら「平均42%のコストダウン」も実現!

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)