失敗しないオフショア開発会社の選び方

自社とベストマッチしているオフショア開発会社を選定する

海外のオフショア開発会社に依頼をする場合、当然ですが誰でも失敗をすることは避けたいものです。その失敗を少しでも軽減するため、オフショア開発会社を選ぶ際はしっかりと検討する必要があります。中でも大きいものは、得意分野や実績が自社とマッチしているのかという点については非常に重要なものになります。
海外においても開発会社は沢山ありますが、得意な分野であるとか、

開発実績などは企業によって大きく異なります。
発注側企業によってシステム開発やソフトウェア開発、アプリ開発など依頼したい内容は変わることになります。そのため、依頼先企業(オフショア開発会社)を選定する際には自社とベストマッチしているかどうかをじっくりと検討する必要があります。

契約形態を考慮することも大切

契約形態を考慮することもオフショア開発会社選びには重要です。
一般的には一括請負契約とラボ契約の2つに分けることが出来ます。
一括請負契約というのは、作業が完了するまで責任を持って貰える契約なので、見積りよりもコストが多くかかったとしても契約の際の料金を超えてコストが発生することはありません。但し、緊急に進めたい案件が発生してもリソースを調達することができない場合があります。

これに対し、ラボ契約というのは仕事の有無に関わらず開発人員を確保し、必要に応じて開発をお願いする契約のことを言います。仕事がなくてもコストが発生したり、開発人員のタスク管理を行う必要があるというようなデメリットがありますが、人材が確保できていますので、緊急な案件にも対応ができ、案件を柔軟に進められるというメリットがあります。

エンジニアの質やセキュリティ対策は大丈夫か

優秀なエンジニアがいることは、当然開発がスムーズに進められることになります。そのため、コミュニケーション能力や実績などは依頼をする前に確認することが大切になります。
特に外国人のエンジニアの場合は、コミュニケーションに関しては問題が無いとしても、文化の違いから生じる価値観や感覚の違いは少なからずあるものです。依頼をすることにはリスクもあるため、事前のチェックは欠かせません。

この他にもセキュリティ対策やリスク管理をしっかりと行えているかということも必ず確認したいものであり、情報が漏洩されないような施策を行っているオフショア開発企業との契約をすることが重要です。

発注先探しで、お困りですか?

オフショア開発なら「平均42%のコストダウン」も実現!

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)