オフショア開発の課題・問題点

オフショア開発課題から導き出される特有のオフショア開発の問題点

日本国内のみならず、海外には協力するに値する技術力を持った開発会社が多く存在しています。その開発資源を、オフショア開発で活用する事が可能です。 しかし、そのメリットあるオフショア開発にもハードルとなる要素は存在します。オフショア開発の課題の解決に取り組むことが必要です。 オフショア開発の問題点について明らかにした上で、それをカバーするための対策が必要です。オフショア開発の課題には、簡単に解決できない要素も多々あります。 しかし、オフショア開発の問題点を一つずつ丁寧に解決に導くことで、オフショア開発を手がけるだけの大きなメリットを引き出すことが可能です。

システム開発の仕様統一が難しいオフショア開発課題

海外開発会社との協力で直面するオフショア開発の問題点としては、開発対象となるシステムの要件への認識の違いがあります。システム開発には、その規模に応じて多くの開発者が関わる事が多いです。
そのため、プロジェクトの統一感を確保するためには、要件や仕様に沿った開発が必要です。しかし、異なる開発環境やスキルを持つ開発者が開発に関わると、仕様に沿わない部分も表れてきます。
海外の開発企業とどのように、要件や仕様の統一を図っていくかが、オフショア開発課題です。
この問題点について解決するためには、開発前に明確な仕様を定めて、それを遵守する体制を作る事が重要です。

海外の文化が影響するオフショア開発問題点

世界には地域によって全く異なる文化があります。この文化や考え方の差は、オフショア開発課題を引き起こす原因になります。
オフショア開発のプロジェクトを進める上で、開発を任せることになる海外の国の労働環境や習慣が、計画を予定通りに進めることを妨げる可能性があります。
文化の相違に基づくオフショア開発問題点に取り組むには、海外の開発会社が地盤を置く国の文化や習慣について把握しておく事が重要です。
生活スタイルや宗教、さらに仕事の取り組み方など、海外の開発会社に関する細かな情報を収集することが、プロジェクトの計画を立てる上で有用な判断材料になります。

発注先探しで、お困りですか?

オフショア開発なら「平均42%のコストダウン」も実現!

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)