オフショア開発の現状・動向

コストダウンが求められるオフショア開発の現状・動向

日本は先進国であり、人件費が高い事が発展途上国との価格競争にとってネックとなっています。コスト削減の対策が取られる中、海外に開発を任せるオフショア開発が行われるようになりました。
今後、システム開発などを手がけるにあたっては、オフショア開発の現状・動向についてまず知っておく事が有益です。
オフショア開発の現状・動向としては、今着実にその件数が増えています。開発費のコストダウンはこれからも求められる要素です。
オフショア開発が開発費の低減に有効であることから、オフショア開発の現状・動向にも、この開発方法を採用する開発企業は着実に増加する傾向にあります。

中小企業が採用するオフショア開発の現状

オフショア開発が行われるようになった背景には、ビジネスの国際化があります。日本国内に留まらず、海外に開発の拠点を求める動きが、オフショア開発を生み出しています。
オフショア開発の現状・動向としては、かつては大手企業に限られてきたこの開発方法が、中小企業にも次第に広がっているという点があります。
開発費を下げることは、中小企業では特に切実な問題です。そこで、海外の開発企業が持つ安価な開発力を活かして、コスト削減に役立てる事が可能です。
実行することに煩雑さがあったオフショア開発も、その開発を行う手順が効率化されることで、採用しやすくなっています。

委託先の国に見られるオフショア開発の動向

海外の開発会社に開発を分担するオフショア開発は、その委託先となる国の選定が必要です。開発費削減を目的とするオフショア開発であれば、発展途上国がその候補として挙げられます。
人件費が安く、かつ開発能力も十分に備わった環境にある地域を選ぶ事が必要です。オフショア開発の現状・動向について見てみれば、多くの人材やオフショア開発会社を抱えているのは中国です。
さらに、開発技術の高いインドなども、オフショア開発の委託先として魅力的です。
その他、ベトナムやフィリピンバングラデシュ、タイなど、アジア各国のオフショア開発会社に対しても、仕事を依頼するのにふさわしい会社が見つかります。

発注先探しで、お困りですか?

オフショア開発なら「平均42%のコストダウン」も実現!

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)