フィリピンにおけるブリッジSEの特徴

フィリピンブリッジSEの英語が堪能な特徴

フィリピンは、アジアの発展途上国の中では先進的な部類に入る国です。そのため、高度な技術開発についても、これからはフィリピンのオフショア開発会社に任せる可能性が出てきています。
オフショア開発を海外現地のローカル企業と行うのであれば、ブリッジSEの存在が必要です。
フィリピンブリッジSEの特徴としては、英語に堪能である点が大きな特徴です。英語は、情報技術全般で広く利用されている言語です。
このことから、情報技術に関するオフショア開発であれば、フィリピンブリッジSEの特徴を十分に活かすことができます。英語での柔軟な意思疎通を図り、情報技術開発を協力して進められます。

国同士が近い地理の特徴あるフィリピンのブリッジSE

世界中でネット環境が整い、遠くともリアルタイムで情報のやり取りが可能です。フィリピンはさらに、日本とは地理的にも近いという特徴があります。
インターネットで主要な情報をやり取りする事ができるものの、直接担当者が現地に赴いて対処すべきケースもあります。フィリピンブリッジSEの地理的特徴により、日本とフィリピンを互いに頻繁に行き来するだけの距離的メリットが得られます。
遠い国のオフショア開発会社に仕事を任せた場合には、どうしても目が届かない部分がでてきます。また、時差も大きくなります。
互いに密接な協力関係が必要な開発プロジェクトであれば、フィリピンのブリッジSEとのタッグが役立ちます。

今後事例を積み重ねるべきフィリピンでのブリッジSE

オフショア開発の手法が日本企業で採用され始め、次第にその事例が多く積み重ねられてきました。
オフショア開発を導入する日本企業は年々増加しています
しかし、インドなどと比べると、フィリピンのオフショア開発の過去の事例は、まだその数が少ない傾向にあります。フィリピンブリッジSEの特徴についても、大型の開発プロジェクトにおいて経験不足である点があります。
このことから、今後着実にフィリピンでのオフショア開発を積み重ねていき、大きな開発プロジェクトについても実績を増やしていく事が重要です。
経験を重ねたフィリピンのブリッジSEは、今後日本の開発企業が担う大きな開発案件についても、引き受けられるだけの体制が整います。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)