無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

フィリピンオフショア開発のメリット

人件費の抑制ができることがフィリピンオフショア開発メリット

フィリピンオフショア開発のメリットフィリピンオフショア開発メリットの最も大きな部分は人件費が抑えられるということです。オフショア開発のメジャーな依頼先としてはインドや中国などが挙げられますが、これらの国に比べても非常に安価に依頼をすることが出来ます。
日本国内の企業に依頼をした場合はIT技術者の人件費が安くはありませんから、依頼元の企業にとってはコスト負担が重くなります。
海外の開発企業であればこの問題が解決されますし、人件費の割には技術者の能力は日本人技術者とは大きな差はありませんので、フィリピンでのオフショア開発が脚光を浴びているのです。
そのため、フィリピンオフショア開発メリットとして人件費の抑制が出来るということが最も上位に挙げられます。

低賃金で高いパフォーマンス

オフショア開発は以前は導入することが中々簡単ではありませんでしたが、近年はその敷居が低くなってきたこともフィリピンオフショア開発メリットとなっています。そのため、国内での開発がメインだった企業も人件費のコストが低いということを理由に、次第にフィリピンなどの海外へ目を向けている企業が増加しています。
フィリピンは人件費が安い割にはパフォーマンスが高いとも言われており、東南アジアの中でも大学進学率が比較的高いことを背景に、低賃金で優秀な人材の確保をすることが期待出来ます。
また、フィリピンは英語でも対応が可能であるということもメリットの一つです。
英語能力が高いので、英語でやり取りできるのであれば、ベトナムなどよりコミュニケーションはとりやすくなります。また、英語ができるということは、最新のIT技術(IT情報)も収集しやすいということになり、エンジニアのスキル向上にもつながります。また、社内のグローバル化の推進にもつながります。
そのため、業務上のやり取りに支障をきたすことも少ないことが予想されます。

フィリピンのオフショア開発はメリットが多いことから人気が高い

フィリピンオフショア開発メリットは人件費などだけではありません。
親日国であることから、友好的にやり取りを進められることが期待出来ますし、実直なIT技術者が多いという特徴もありますから、納期などに関しても遅れることが少ないということが期待出来ます。
フィリピンは距離的なメリットもありますし、時差も大きくないことから、日本側とスムーズなやり取りが期待出来ます。
オフショア開発としてはまだまだ歴史は浅い国であり、対応できる案件については限りがあります。大型なシステム開発案件よりも、HTMLコーディングやスマホアプリの開発などがメインであり、開発やテストといったことを中心にフィリピンのオフショア開発の人気が高くなっています。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ