無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ベトナムオフショア開発のデメリット

ベトナムオフショア開発デメリットをどう克服するか

ベトナムオフショア開発のデメリットベトナムのオフショア開発は、劇的な勢いで増えていますが、それにともないベトナムオフショア開発デメリットがいくつか浮き彫りにされています。
ベトナムに進出した日本のある企業は半年前9人の現地人スタッフでスタートしたのに現在は総勢40人を数える大所帯となっています。
これなどは成功例といえますが、これに気を良くしているとベトナムオフショア開発デメリットを招く結果となります。
現在ベトナムオフショア開発デメリットとして上げられているのは以下などが挙げられます。

1.コミュニケーションの問題で、高品質なシステム開発を担保できない
2.単発で小さな案件の場合、コストメリットができない場合がある
3.設計書(仕様書)の手間や、進捗管理などに時間がかかりすぎる

デメリットをなくすには

日本人の欠点の一つに強い思い込みがあります。ベトナム人は親日的で日本語もよく理解しているので、こちらの言うことや思っていることはしっかりと通じている、と言う思い込みです。
よく日本人は、ツー・カーの仲とか、阿吽の呼吸とか言って、何も言わなくてもこちらの意思が相手に通じていると思い込んでしまいます。
これは日本人だけに分かることで外国人には通用しません。親日的なベトナム人だからといって彼らは外国人であるという基本的なことを忘れてしまうと後でとんでもないことになります。これがベトナムオフショア開発デメリットの最も大きなものです。
せっかく理詰めでシステムを構築しても、最後の詰めを欠いたため、失敗したという事例は沢山あります。仕事を進めるうえでは、最後の最後まで、きちんと詰めることが大切です。

快適な作業環境づくりを

ベトナムオフショア開発デメリットでは、オフショア開発の最近の現象として仕事の急増で、優秀な若手の確保が難しくなっていることです。
これは一年ぐらい前までは予想もしなかったことですが、仕事の急増が人材確保の困難というデメリットを生み出しました。
しかし、これは若い技術者の育成強化をはかり、長期にわたる計画をしっかりとしておけば、そう難しい問題ではありません。日本企業だけでは解決できないデメリットとしてはインフラの整備が遅れていることが上げられています。これなども長い目で見て改善していく必要があります。
ベトナムの場合は大きな政治的リスクはありませんが、これなども常時念頭においておく必要があるでしょう。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ