無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ベトナムオフショア開発の失敗事例

ベトナム語翻訳に伴うベトナムオフショア開発失敗事例

ベトナムオフショア開発の失敗事例オフショア開発は、海外のシステム開発会社に開発を依頼することによって、日本での開発にない効果を引き出す手法です。しかしながら、必ずしもオフショア開発が成功するわけではありません。
ベトナムのオフショア開発会社との開発協力においても、過去に失敗した事例はあります。ベトナムオフショア開発の失敗事例は、オフショア開発に少なからずリスクが伴うことを示しています。
特にオフショア開発では、言語の違いに伴うコミュニケーション上の問題がクローズアップされます。
これはベトナムでも例外ではなく、ベトナムオフショア開発失敗事例でも、日本語とベトナム語の通訳や翻訳の誤りが、大きな失敗を生じさせる可能性について指摘されます。

仕様書の誤読によるベトナムのオフショア開発失敗事例

大きな規模の開発プロジェクトを成功させるためには、明確な仕様書を作成する必要があります。
多くのIT技術者がプロジェクトの開発に関わっているため、意思統一を図るためには仕様書の存在が役割を果たします。しかし、ベトナムオフショア開発失敗事例でケースとしてあるのが、仕様書の読み違いです。
仕様書の翻訳が誤っていたり、あるいは表現が曖昧であれば、仕様によるプロジェクトの統一を図る事ができなくなります。その結果、開発の成果物が必要とする要件を満たさないということもあります。
この失敗のケースを避けるため、仕様書のベトナム語への翻訳には、特に綿密な確認が必要です。

スケジュール遅延がもたらすベトナムオフショア開発の失敗事例

ベトナムオフショア開発失敗事例には、管理上の問題が見られることも多々あります。計画通りにスケジュールをこなすためには、スケジュール通りのプロジェクト管理(進捗管理)を行う必要があります。
しかし、時間にルーズな国民性の国は、スケジュールを遅延しがちです。ベトナムにおけるオフショア開発失敗事例では、開発完了の期日までに間に合わないといった事例もあります。
ベトナムでのオフショア開発において、厳密なスケジュール管理を行うため、現場の責任者やブリッジSEに管理能力が求められます。
予定通りに開発をこなす事ができるように、スタッフの運用を上手くこなす事ができる存在が不可欠です

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ