無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ベトナムでのVR/AR開発事情

VR/ARとは?

VRとは、バーチャルリアリティ(Virtual Reality:仮想現実)を表し、「AR」はオーギュメントリアリティ(Augmented Reality:拡張現実)を表します。最近では、この「VR」と「AR」の技術をかけ合わせた「MR」という言葉も生まれています。ミックスドリアリティ(Mixed Reality:複合現実)の略で、VRの世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。

端的に言えば、映画マトリックスの様な世界を実現させる技術です。今後、スマートフォンに変わるプラットフォームとして、その大きな可能性が指摘されています。エンターテイメントや、不動産、医療、災害救助などを中心に、様々な分野での活用が期待されています。

VR/ARのベトナムオフショア開発が増えている

こうした技術の開発には当然、専門のエンジニアが必要です。しかし、エンジニアの給与などが急騰している日本では、常にリソースが不足している状態です。そのため、近年ではベトナムでVRやARの開発を行おうとする企業が増加しています。そうした開発手法をベトナムオフショア開発と呼びます。

ベトナムで開発を行うメリットは、何といってもその人件費の低さです。VR/ARの開発において、ベトナムオフショア開発を利用することで大きなコスト削減に繋がります。また、リソースの不足する日本に比べ、納期の短縮につながるというメリットもあります。そのため、日本企業のVR/AR開発でのベトナムオフショア開発が増えています。

ベトナム人エンジニアがVR/ARが得意な理由

ベトナム人はVR/ARの開発が得意だと言われています。それは、2つの大きな理由がります。一つは、ベトナム人の国民性です。新しいもの好きな国民性のため、VR/ARエンジニアが憧れの職種になり、優秀な人材が集まっています。

また、二つめの理由はゲーム開発の実績です。VR/ARの開発は、Unityというゲーム開発フレームワークでの経験が生かされます。ベトナムには、ゲーム開発の実績があるエンジニアが数多くいるため、VR/AR開発が得意なのです。このように、今後のVR/AR開発は、ベトナムオフショア開発を中心に進んでいくことが予測されます。

この記事の執筆者

株式会社One Technology Japan 代表取締役
河本 直己 様

1973年生まれ。商社で欧州からの高級衣料バイヤーを経験後、03年より大手コンサルティング会社を経て、モバイルITベンチャー企業でEC、SNS、ソーシャルゲーム、ベトナムオフショア開発など事業部長取締役の立場で経験後株式会社One Technology Japanを創業。

このオフショア企業に問い合わせる

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ