会社名
PT. JMT Indonesia
Indonesia
Indonesia

サービス概要

弊社のオフショア開発では、【ウェブアプリ・スマートフォンアプリ】を中心とした様々な開発サービスを日本品質のサービスで提供致します。

【開発スタイル】
プロジェクト型開発、ラボ型開発、オンサイト型開発に対応致します。
- プロジェクト型開発:案件ごとにチームを構築し、開発(短期・小規模向け)
- ラボ型開発:お客様ごとに専属チームを構築し、契約した人数と期間で開発(長期・大規模向け)
- オンサイト型開発:お客様の開発現場に技術者が出向し、開発

【開発手法】
ウォーターフォール型とアジャイル型での開発が可能です。

【開発体制】
インドネシアと日本(東京・福岡)のリソースを組み合わせ、お客様のご要望に沿った最適な体制を提供致します。

実績

- 下記のコンテンツ配信ウェブアプリ・スマホアプリ・ビューアーアプリ開発
  ・音楽
  ・電子書籍
  ・動画
- 上記に関わるバックエンドシステム開発
- 位置情報を活用したビデオ・ストリーミング/VOIPアプリ開発
- 人事管理システム開発
- 在庫管理システム開発
- ソフトウェアローカリゼーション
他、多数

得意分野・プログラミング言語

得意分野
- ウェブアプリ開発
- スマートフォンアプリ開発
- 業務アプリ開発
- ローカリゼーション

プログラミング言語
- C#.NET/VB.NET/ASP.NET
- PHP (CI, Cake, Laravel, etc)
- Java (Struts/Spring/Seasar)
- JavaScript
- C++/ObjectiveC
- HTML/CSS

対応可能案件

・ソフトウェア開発
・スマートフォンアプリ開発
・Webシステム開発
・ラボ型開発

オフショアエリア(拠点)

インドネシア(ジャカルタ)

コメント・アピールポイント

JMTインドネシアは、(株)豆蔵ホールディングス(東証1部上場)のグループ会社であるジェイエムテクノロジー(株)の海外開発拠点として2012年にジャカルタに設立しました。主に日本とヨーロッパ向けオフショア開発を中心とした数多くの開発実績がございます。 

開発品質向上の為に、今迄に10名以上のインドネシア人エンジニアを日本に派遣し、日本流儀の開発経験を積ませてきました。また、親会社のジェイエムテクノロジーと連携した共同体制【日本(東京・福岡)/ジャカルタ】のご提案により、海外を意識しない日本を窓口としたサービスのご提供が可能です。親会社には、外国語が堪能な日本人や日本語が堪能なインドネシア人がブリッジSEとして所属しており、円滑なコミュニケーションを実現しています。 

豊富なインドネシア国内の日系企業向け案件実績数もあり、経験に裏打ちされた確かな技術力で高品質な開発を提供致します。

コンシェルジュからのコメント

PT. JMT Indonesiaは、インドネシアのジャカルタを拠点を持つオフショア開発企業で、アプリケーション開発を中心に、多岐に渡った開発実績を持っています。日本(東京・福岡)のリソースも組み合わせ、お客様のご要望に沿った最適な体制を提供してくれます。お気軽にお問合せください。

会社概要
代表者名

西村 昌彦

従業員数

約50名

日本語技術者の在籍数

5名

ホームページURL

http://www.jmti.co.id/

事業内容

【日本・ヨーロッパ向け事業】
- オフショア開発

【インドネシア国内向け事業】
- 日系企業向け開発
- システムインテグレーション
- インフラコンサルティング
- CATIA技術者教育

資本金

6400万円

設立年月日

2012年3月1日

所在地(住所)

Sovereign Plaza 6th Floor Jl. TB Simatupang Kav. 36, Jakarta 12430, Indonesia - Indonesia

主要取引先

日本企業(システムインテグレーター、コンテンツプロバイダー、インターネットプロバイダー、製造メーカー、他)

電話番号窓口

0120-979-938

PT. JMT Indonesia
この企業に見積もりを依頼する