低コストで優秀なエンジニアを
越境採用!「Job Transfer」

「Job Transfer(ジョブトラ)」とは?

アジアを中心に世界中のIT技術者を、母国に居住したまま日本企業本社での就労が可能となる新発想のエンジニア越境採用サービスです。

新型コロナウイルスの流行を受け、企業としても事業推進スキームの変革が求められています。そうした中、日本就職に興味があるTOPエンジニア層1万人以上のデータベースを持つフォースバレー・コンシェルジュが、日本就職を希望する外国人材と世界中の高度IT技術者や外国人材を採用したい企業を繋ぎ、自国にいながら日本企業の仕事をするというグローバルな働き方を提供します。

フルリモートで

優秀な技術者を

活用できます!

「Job Transfer(ジョブトラ)」活用 3つのメリット
メリット01
優秀層にリーチできる
日本での就労は考えていないようなシリコンバレーにいるIT技術者をはじめ、世界中のトップクラスのIT人材や日本国内では獲得困難なトップクラスのAI技術者などにリーチできる。
メリット02
コストダウンを実現
インドやベトナムをはじめとする発展途上国/新興国の有望IT人材を活用する事でコストダウンが可能となる。
メリット03
企業のアジリティを高める
場所に縛られない事業スキームを構築することで、環境や状況の変化に合わせた効率的かつ効果的な人材活用が可能となる。
活用にあたって、様々な疑問にお答えします! まずはお気軽にご相談ください。

まずは無料で相談する

無料相談フォームへ

紹介可能な各国エンジニア

フォースバレー・コンシェルジュとは?

    世界中の人材と企業を繋ぐ、国境を越えたグローバル採用支援事業を展開。自社開発のデータベースには136ヵ国、累計約30 万人の高度人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に約400 社とお取引をさせていただいております。インド工科大学、シンガポール国立大学をはじめとした世界トップクラスの大学約 700 校における新卒ネットワークを保有。世界中で合同企業説明会・選考会を行い、日本企業と日本就職を希望する人材を繋げています。2018年にはAIマッチングによるダイレクトリクルーティングサービス「Connect Job」をリリース。自国にいながら世界中の優秀な人材を直接獲得できるプラットフォームを提供しています。経済産業省・沖縄県・富山県・静岡県・長野県等、省庁・地方自治体からも事業を受託。官公庁とも連携して新興国の若手人材の就職支援を実施しています。雇用不足の国から、人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献します。
活用にあたって、様々な疑問にお答えします! まずはお気軽にご相談ください。

まずは無料で相談する

無料相談フォームへ