無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

オフショア開発企業インタビュー

PROFILE

株式会社One Technology Japan 代表取締役
河本 直己 様

1973年生まれ。商社で欧州からの高級衣料バイヤーを経験後、03年より大手コンサルティング会社を経て、モバイルITベンチャー企業でEC、SNS、ソーシャルゲーム、ベトナムオフショア開発など事業部長取締役の立場で経験後株式会社One Technology Japanを創業。

インタビュー:2016年07月13日

御社について教えてください

弊社は、神奈川とホーチミンに拠点を持つIT企業です。ベトナム法人「One Technology Corporation」は2013年に設立、日本法人「株式会社One Technology Japan」は2015年に設立しました。

御社の事業について教えて下さい

日本企業向けのオフショア開発を提供しています。対応できるジャンルはWebシステム開発から、業務管理ソフトウェア、SNS、ゲームアプリ、ECなどと非常に幅広いです。というのも、ベトナム側の代表・タオが、日本で7年間ほど勤めていたのですが、その際に上記のジャンルを幅広く開発した経験があるからです。是非、何でもご相談ください。

また、オフショア開発以外にも、自社でのメディア事業やベトナム進出支援事業なども行っており、自社ブランドのゲームやECサイトを運営しています。その他、AR/VRコンテンツの制作やロボット事業も行っており、常に最先端の技術を提供することができます。2016年7月にはベトナムに初めてソフトバンクのロボット「Pepper」を上陸させ、様々なメディアに取り上げて頂きました。

様々な事業を展開されているのですね。その中で御社の強みはどこでしょうか?

それは、3つあります。1つ目は、先程もお伝えしましたが、ベトナム法人の代表・タオの経験です。非常に幅広く、また質も求められる職場におりました。ですので、その経験を活かし、日本クオリティの開発をベトナムでも提供できるような体制を整えています。また、タオ自身の日本語の理解力やコミュニケーションスキルも高く、かつビジネス面といった上流工程の理解も深いため、コミュニケーションの品質も高くなります。

2つ目も、タオになるのですが、彼が持つ「ベトナム人ネットワーク」です。日本にいた頃に知り合ったベトナム人も多く、彼らは基本的にエリートで、帰国すると起業をするケースが多いです。そのような彼らとのネットワークで、様々な課題を解決することが可能です。また、今でさえホーチミンにはたくさんのIT系大学がありますが、タオが大学を卒業する頃は、それほど多くありませんでした。タオは、当時存在した数少ないIT系の大学・ホーチミン市自然科学大学出身です。その時に培ったネットワークは、ベトナム国内で今ちょうど脂が乗っている世代(35〜6歳)で、それがIT業界以外にも広がっています。

3つ目は、様々な自社事業を行っている経験です。自社メディアの経験もそうですし、AR/VRやロボット事業などを自社で手掛けることで得た経験値をオフショア開発にも還元することができます。エンジニアたちもビジネスに参加させるので、受託開発のコミュニケーションも非常にスムーズになっていきます。

最近は、どのようなオフショア開発案件が多いですか?

最近はスマホアプリやゲームの開発を受託する機会が多いですね。また、ラボ型開発からのシフト案件も多くなった気がします。ラボ型開発は案件が安定していないと稼働率のコントロールが大変ですからね。

このオフショア企業に問い合わせる

無料コンシェルジュサービス


オフショアページトップへ