昨今、日本国内のIT人材の不足が大きな問題となっています。

経済産業省によると、現時点ですでに20万人ものIT人材が不足しているという推計ですが、悲観的な見方だと2030年にはIT人材が約79万人足りなくなるといわれています。

 

AIをはじめとした先端テクノロジーがますます注目され、新しいサービスが次々と登場している一方で、IT業界は深刻な課題を抱えているのです。

 

本記事では、このIT人材の不足という問題について解説します。

 

▶記事の続きはコチラ

http://www.offshore-kaihatsu.com/contents/general/hr-shortage