毎年、「オフショア開発.com」にいただいているオフショア開発(ITアウトソース)に関する相談をもとに「オフショア開発白書」を作成しています。

前年の傾向と、今後の予測をたて、総括したものとなっております。

また、併せて、海外現地のオフショア開発企業(開発委託先)を対象に実施した様々なアンケート結果をまとめ、オフショア開発の最新事情をまとめました。

今後の海外へのアウトソーシングの検討や、開発委託先選定、開発コスト削減などに、こちらの資料をご活用ください。

 

▶︎無料ダウンロードはこちらから

https://www.offshore-kaihatsu.com/offshore_hakusho_2022/

 

▶︎目次

【第1部】2021年の「オフショア開発」動向

1.オフショア開発を依頼する企業の規模・業種・属性
- 小・中規模企業においても「ITリソース不足」の課題感が顕著に
- コロナ禍で急増した「新規事業」の開発トレンドは落ち着きを見せる
- 製造業からの相談が急増! 進む「オフショア開発」の一般化

2.オフショア開発委託先国別ランキング
- ベトナム人気は堅調も、発注先は「国」ではなく「企業」で選ぶのがトレンドに
- フィリピン・インド…「グローバル開発体制」の兆しか? 英語活用に注目集まる
- ミャンマー・中国…カントリーリスクと中長期的な判断が必要な2カ国

3.オフショア開発案件別ランキング
- エンドユーザー企業のニーズ反映か、Webシステム(サービス系)が増加傾向
- サイト制作でのオフショア開発は今後減少トレンドへ
- オフショア開発拠点設立もリソース確保の選択肢に
- コロナによる停滞からの揺り戻しか、製造業関連の開発の増加
- 先端テクノロジーにおいてますます強まる「オフショア開発の存在感」

4.オフショア開発の契約形態割合
- ラボ型のニーズが増加傾向。「オフショア開発」の活用がまた一歩前進
5.オフショア開発に関する予算
- 最低予算は300万円から? 予算から見るオフショア開発の規模

【第2部】オフショア開発を依頼した企業の実態調査(アンケート調査)

1.オフショア開発を検討した理由・⽬的
- 「リソース」「グローバル戦略」「スピード」...オフショア開発の目的は多様化

2.海外への依頼案件の平均予算規模・依頼単価
- 2000万円以上の規模に拡大する企業が増加! オフショア活用の本格は進む

3.国内と⽐較した場合のオフショア開発におけるコストダウン⽐率
- 平均コストダウン比率は28.4%と、昨年よりも減少傾向

4.「オフショア開発」成功のカギ(課題/重要視するポイント/選定)
- オフショア開発の成功の定義は「30%以上のコスト削減」
- オフショア開発企業に感じた課題は「品質管理」と「コミュニケーション力」
- オフショア開発の成功のポイントは「プロジェクト管理」
- 成功企業は企業選定において「類似案件の実績」よりも「担当者の対応」を重視
- 良い開発会社/担当者と出会うためのポイント

【第3部】オフショア開発企業の実態調査(アンケート調査)

1.オフショア開発企業の属性(規模/国)

2.オフショア開発先国別の⼈⽉単価(職種別)
- ITリソースが質・量ともに充足しつつある「ベトナム」
- 世界トップレベルの技術力…単価上昇はさらに進む「中国」
- グローバルに開発ニーズを集める「インド」
- 政情不安がハードルだが、コスト削減では最有望「ミャンマー」
- 英語の活用次第で大きなコスト削減の可能性…成長が著しい「バングラデシュ」
- グローバル開発体制の構築先として有望な「フィリピン」

3. オフショア開発企業の「強み」と「弱み」

4. 受託案件の傾向(契約形態/業種/案件内容)
- ラボ型の案件が増加傾向、オフショア活用は本格化へ
- 受託案件と注力していきたい案件内容から見るオフショア開発企業の今後

5. これからの⽇本企業の開発体制は?「⽇本語⼈材」と「英語⼈材」

6. オフショア開発企業の技術領域における傾向

 

▶︎無料ダウンロードはこちらから

https://www.offshore-kaihatsu.com/offshore_hakusho_2022/

 

▶︎バックナンバー(2021年版)はこちらから

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2021/