フィリピンオフショア開発企業一覧

開発企業はすべて

日本語での対応可能

日本の案件の開発実績が豊富

厳選なる審査に合格

》今すぐフィリピンオフショア開発企業一覧をみる

オフショア開発企業選定のポイントと各国の特徴


|企業選定のポイント

①類似案件の実績

類似案件での実績がある場合は、オフショア企業にノウハウ、応用可能な技術・アプリケーションが蓄積されていることもあり、コスト削減・品質を期待できることが多いです。

②窓口担当者のレスポンス

オフショア開発では、実際に作業を行うのが外国の開発拠点になります。
現地との橋渡しとなる担当者のフットワークが軽いか、開発知識は十分か、信頼できそうか、なども今後のプロジェクトマネジメントが上手くいくかの試金石となります。

その他にも、日本企業との取引実績、エンジニアの数、セキュリティ面や離職率など、チェックしたほうがよいポイントは様々です。

企業選定にお困りでしたら、オフショア開発. comの専門スタッフが無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


|各国の特徴

オフショア開発先の選定では、発注先の国それぞれの特徴もチェックすることをオススメします。

就労文化などの国民性の違いはもちろん、各国で強みや人月単価が異なります。
また自社の案件や戦略によっても、最適なオフショア先が変わってくる可能性があります。

特に注意すべきなのは、コスト削減のために単純に人月単価でオフショア先を選定することです。
一見すると人件費が高いインドでも、技術力が求められる大規模案件や業務系の案件では、工数比でベトナムよりコスト削減ができることも十分考えられます。

それぞれの国の特徴を把握し、可能なかぎり複数の国で比較検討することがオフショア開発成功のポイントです。

 ▶ベトナム
 《業務実績×コスト安》のバランス
 幅広い選択肢が魅力!

 ▶インド
 欧米企業のオフショア先として圧倒的な業務実績!
 基幹系システムにも対応できる技術力の高さ

 ▶ミャンマー
 「ポスト・ベトナム」として、コスト削減に期待!
 勤勉で協調性がある国民性で、日本人との相性良し

 ▶フィリピン
 英語でのコミュニケーションに強み!
 海外進出やグローバル化を図るうえでの有望なオフショア先

 ▶バングラデシュ
 国策としてのICT産業に注力!
 豊富なIT人材 中長期的な成長が期待

 ▶ウクライナ
 欧州のオフショア先として長年の実績!
 デザイン(UX/UI)、先端テクノロジーに強み


企業選定にお困りでしたら、オフショア開発. comの専門スタッフが無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

フィリピンオフショア開発企業一覧

お問い合わせしたい企業にチェックを入れ、下の「資料請求」「見積もり依頼」ボタンをクリックし、入力フォームへお進み下さい。

※全ての掲載企業は日本法人と成約ベースの実績をもち、日本語での対応が可能ですのでご安心してお問い合わせ下さい。

チェックした企業に