無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ミャンマーオフショア開発 基本データ

オフショア開発の基礎知識・オフショア用語をQ&A方式でまとめました。
その他不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。コンシェルジュ田村がお答えします!

オフショアコンシェルジュ田村プロフィール オフショア相談問い合わせだけする
「ミャンマー」という国の基本情報を含め、ミャンマーオフショア開発のメリットやデメリット、エンジニアの特徴などをまとめております。
ミャンマーオフショア開発をご検討の企業様の参考になればと思っております。ぜひ下記、ご覧ください。

ミャンマー基本データ
ミャンマー オフショア開発基本データ


ミャンマー基本データ
正式名称 ミャンマー連邦共和国
総人口 6,367万人
通貨 チャット
為替レート 1ドル=818チャット(2012年4月平均)
GDP(実質) 約540億ドル(2012年度,IMF推定)
言語 ミャンマー語
法人所得税 25%
携帯普及率 2.6%
インターネット普及率 約1%


ミャンマー オフショア開発基本データ
ミャンマーオフショア開発のメリット ・人件費が安い
・国民性が日本と似ている
ミャンマーオフショア開発のデメリット ・ITインフラがまだまだ整備されていない
・オフショア開発の歴史が浅い
ITエンジニアの特徴 ・仏教徒で性格が穏やか
・自己主張は控えめで勤勉
・日本人とよく似ていてチームワーク重視
・協調性がある
・親日である
ミャンマー人エンジニア
人月単価(平均)
約18万円
ミャンマーオフショア開発の今後の課題 オフショア開発先最後のフロンティアと呼ばれ、エンジニアの人件費が最も安い国です。

とにかくコスト削減だけが重要という企業様にはミャンマーがオススメで、ベトナムやフィリピンと比べても断然安い費用で開発が可能です。
ただまだまだITインフラが整備されておらず、電気や電源が落ちるのは日常茶飯事なので日本より工数は1.5倍以上は見ておいたほうがいいでしょう。
短納期な案件などは向いていないということになります。また優秀なITエンジニアも育成中で、日本語が堪能なエンジニアも少ないのが現状です。
小さな案件や単発案件をオフショア開発するのであればミャンマーではなく、その他の国をオススメします。

とはいえ今後は日本語能力も上がり、優秀な人材も増えてくると予想できるため、先を見据えてミャンマーでオフショア開発をする企業も増えております。
オフショア開発先としては今後一番期待され、一番のびしろのある国がミャンマーです。

その他の国のオフショア開発基本データは以下よりご覧ください。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ