無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ミャンマーにおけるブリッジSEの特徴

ミャンマーブリッジSEが担うオフショア開発の橋渡し

ミャンマー ブリッジSEの特徴オフショア開発では、国境を越えた海外企業との開発分担ができます。自社では全てをこなせない作業でも、海外の開発企業の力を借りることによって、開発作業を完了させることができます。
ミャンマーでのオフショア開発において、その橋渡し役として欠かせないのが、ミャンマーブリッジSEです。
ミャンマーとのオフショア開発業務の溝を補って、互いの開発の連携を強化する役割を持ちます。
ミャンマーの開発力を活かしたシステムなどの開発で両国間を結ぶ重要な役割が、ミャンマーブリッジSEにはあります。そのため、プロジェクトが上手く運ぶ事ができるかどうかについて、大きなウエイトを持つ担当者です。

若い人材が豊富なミャンマーでのブリッジSE

ミャンマーは、若い人材が豊富に存在します。新しい技術を吸収するには、若々しい人材も必要です。
ミャンマーには、優れた情報技術を持った若い人材が育ちつつあるため、オフショア開発でその開発力を日本企業が享受できます。
特に、ミャンマーとのオフショア開発で重要な役割を持つミャンマーブリッジSEには、熟練の技術を持ったITエンジニアの他、これから成長する可能性を持つ人材に担当させるのも方法です。
ミャンマーのオフショア開発を担う開発会社が持つ若い人材の力を、プロジェクト成功のために調達する事ができれば、日本の企業の開発力もオフショア開発を通してさらに高まります。

通訳の負担が少ないミャンマーのブリッジSE

英語を話す事ができるミャンマーの人が多い事から、ミャンマーのオフショア開発を担当するスタッフは、英語の仕様書などもすぐに理解することができます。
また、ビルマ語を介さずに英語でのコミュニケーションを行う事も可能であるため、ミャンマーブリッジSEの仕事はさらにスムーズに進められます。
ブリッジSEを賢く活用する事ができるかどうかが、今後の開発にも大きな影響を与えます。通訳などの負担でブリッジSEの負担が少ないミャンマーのオフショア開発会社は、十分に開発力を示してくれます。
特に微妙なニュアンスでの情報交換が必要な開発プロジェクトでは、ミャンマーの開発会社への依頼が有効です。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ