無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ミャンマーオフショア開発の失敗事例

スケジュール遅延に伴うミャンマーオフショア開発失敗事例

ミャンマーオフショア開発の失敗事例開発企業にとって、期日までに開発を終えることは重要なことです。クライアント企業への納期を延長するとなれば、企業にとって大きな信頼の損失につながります。
オフショア開発で大きなリスクとなるのが、スケジュールの遅延などによる開発の失敗です。ミャンマーオフショア開発失敗事例でも、納期の遅れは大きな問題点として注目できます。
ミャンマーオフショア開発失敗事例からは、何が原因で開発スケジュールに遅れが生じたかなどの確認が必要です。
その理由について、過去の失敗事例から知ることができれば、今後ミャンマーでオフショア開発を手がけるにあたって、改善の役割を果たしてくれます。
まずその原因の一つにITインフラの不整備、電力不足が挙げられます。ミャンマーではネットスピードが遅く、よく停電が起こるため、納期に遅れることが多々あります。その点についてはリスクヘッジしておく必要があります。

品質問題のミャンマーオフショア開発での失敗事例

情報技術開発の分野でも、他の開発分野と同様、求められる仕様をクリアできる品質を維持しなくてはいけません。
日本国内の開発企業であれば、開発の品質の維持することは当然という意識があります。しかし、目の届きにくいミャンマーのオフショア開発会社との開発では、品質面を注意する必要があります。
ミャンマーオフショア開発失敗事例では、品質の条件がクリアできないために失敗を期してしまうケースも多いです。
このことから、ミャンマーでのオフショア開発では、スケジュールを守る事はもちろん必要です。さらにその上で、開発の品質を維持するための仕組みについて、プロジェクトの進行の中に組み込んでおく事が重要です。

商習慣の違いがもたらすミャンマーのオフショア開発失敗事例

システム開発やアプリ開発を海外の開発会社に依頼するにあたって、どのような契約を交わした上で開発協力に取り組むかは重要な点です。
ミャンマーオフショア開発失敗事例で見られるのは、商習慣上の相違によるトラブルです。契約内容の解釈の違いによって、後に金銭的トラブルに発展する可能性があります。
日本と異なる商習慣を持つミャンマーで、オフショア開発企業と契約を行うのであれば、ミャンマーのビジネス慣習に詳しいサポート役の利用が適しています。
過去のオフショア開発における契約上の問題を避けるため、過去の契約の失敗例を参考にして対処の準備を重ねておくことが役立ちます。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ