無料オフショア開発一括見積・資料請求窓口

オフショア開発.comオフショア開発ならオフショア開発.comにお任せ!

オフショア開発

オフショア開発に関するお問い合わせはコチラ

03-6303-1697

ミャンマーオフショア開発のメリット

人件費が安いことと未知なる可能性がミャンマーオフショア開発のメリット

ミャンマーオフショア開発のメリット人件費が格段に安いことと、将来性があるということがミャンマーオフショア開発メリットの最も大きな 部分であると言われています。
オフショア開発においては後進国であるとも言われるミャンマーですが、それだけに人件費も低く抑えられていますし、まだ市場が確立していないだけに未知なる将来性もあります。未知なる可能性ということでありますから、開発に関しては共に歩める資金力が必要になりますので、発注元は大企業が中心になっています。中小企業の場合は依然として実績を高めているベトナムなどを利用することが多いようです。
日本企業の後押しを受けて、これからの発展が予想できるのがミャンマーオフショア開発のメリットの一つと言えます。

親日家で協調性がある

ミャンマーオフショア開発メリットの中には、親日家で協調性があるということも忘れてはなりません。
元々国民性が日本人と似ていることもあり、日本人とは相性の良さが伺えます。
チームワークを大切にする国民性は、オフショア開発に向いていると言え、協力しながら開発業務を進められることが期待出来ます。
ミャンマーが親日家の理由には、ミャンマーの発展に日本が援助を行ってきたからであり、それをミャンマーの国民に広く知られていることから親日家が多いと言われています。
海外へ業務を依頼する場合は、円滑なコミュニケーションを取りたいと考えるのが当然ですから、親日国であるミャンマーに依頼をすることを考えるのは当然のことかもしれません。

ミャンマーのオフショア開発はこれからの伸びが期待できる

ミャンマーはオフショア開発先最後のフロンティアと言われている国です。
人件費コストの安さは特にメリットが大きく、オフショア開発新興国のベトナムやフィリピンと比較をしても明らかに人件費コストは安くなります。
但し、ITインフラの整備が遅れているということがある他、停電も少なくないことから工数が増えてしまうことは考えておかなければなりません。
まだまだ未開発な市場ではありますが、今後は優秀な人材が増えてくることが予想できますし、日本語への対応も進むことが予想できます。
頭打ちになっているオフショア開発国が多い中で、ミャンマーはこれからの伸びが期待されている部分では、ミャンマーオフショア開発メリットが大きいと言えます。

無料コンシェルジュサービス


ページトップへ