中国オフショア開発の基本データ

中国オフショア開発基本データの上手な利用方法

中国オフショア開発を活用することでメリットの多いシステム開発が実現できる時代になってきています。
一般的には、設計プロセス(上流工程)から参画するというよりも、開発行程(下流工程)のみを中国のオフショア開発企業にアウトソーシングし、全体のコストカットを実現させることが主流で、中国オフショア開発と国内開発の棲み分けが大事になります。
ただ中国は漢字文化であることと、日本とのオフショア開発の歴史が長いということもあり、近年では開発行程(下流工程)のみならず、要件定義や基本設計など上流工程もオフショア開発でアウトソースする傾向も増加しています。
逆に単純なプログラミングやHTMLコーディングではコスト感が合わなくなりつつあるのが現状です。それは中国のPG(プログラマー)やシステムIT技術者コスト(単価)が上がってきていることが要因で、近年では円安という為替問題も大きく影響してきているのが、中国オフショア開発の基本的な特徴です。

中国オフショア開発の基本データに求められる情報

中国オフショア開発の基本データを賢く活用することでシステム開発のコスト削減を効率的に成功させることが可能になってきます。
とはいえ日本以外のグローバル企業とのオフショア開発の歴史が中国に比べ短いということもあるため、まだまだ国際的企業とのビジネスを学ぶ必要も多くなってくる傾向もあります。
シンプルなコストカットだけを目的としたオフショア開発だけではなく、海外開発のハイレベル化と定着率の向上、ハイレベルなIT技術者の大量維持など中国ならではの海外開発が主流になると考えられるようになってきております。
中国は最も人気のあるオフショア開発請負先の一つとなる傾向をもっており、豊富な人材が特長で、日本語もある程度通じるのも大きいです。
小規模案件から大規模案件まで対応可能というところでバランスの取れたところが人気の要因だと考えられるようになってきております。

中国オフショア開発の基本データの検討方法

あらかじめ中国オフショア開発の基本データを情報収集しておくことはオフショア開発に欠かせない要素となってきております。
今後は開発プロセス(開発からテストプロセス)のみをアウトソーシングするのではなく、設計プロセス(要件定義や基本設計など)から中国へアウトソーシングする流れが主流となってきております。
ここ数年においてはスマートフォンアプリ開発やフェイスブックアプリ開発案件を得意ジャンルとする中国のオフショア開発企業も出てきています。
また小さなWebシステム開発などにも対応可能で小回りの利く中国システム開発企業が多いのも特徴です。
これまでのようなオフショア開発ではなく、設計プロセスへの事業規模の拡大に注力しているオフショア開発企業も増加してきています。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)