Magentoとは?Magentoを選ぶ理由

公開日:2022/05/01 最終更新日:2022/04/28

Magentoとは?Magentoを選ぶ理由

最初のEコマースサイトを立ち上げる企業は、高度な機能や重要なシステムとの統合可能性などの多くの懸念を抱いています。それらだけでなく、ビジネスが成長しつつ、多くのオンラインビジネスオーナーは、より高いスケーラビリティ、柔軟性、拡張性などのバランスを提供できる新しいEコマースソリューションも探す必要があります。

 

数多くのオープンソースアプリプラットフォームが存在していますが、エンタープライズクラスのEコマースソフトウェアやコンテンツ管理システム(CMS)を探している企業にとっては、Magentoが頭に浮かぶものです。Magentoは、何百万ものダウンロードを超えたプラットフォームであり、デジタル市場で最も人気のあるEコマースプラットフォームの一つです。

INDEX

1. Magentoとは?

2. Magentoバージョンの紹介

3. Magentoを選ぶ理由

 - Magentoの基本機能

 - Magentoの特徴

4. ベトナムにおけるMagento によるオフショア開発事例

Magentoとは?

Magentoは、PHPが組み込まれたプラットフォームであり、Eコマースサイトを作成する開発者を支援するものです。2008年3月31日にバリエン社によってリリースされ、Zend フレームワークで開発されました。Magentoを使用すると、ビジネスオーナー、訪問者、買い物客は、オンラインストアの優れたユーザーエクスペリエンスを得ることができます。Magentoプラットフォームは、大規模デジタルストアの開発では業界リーダーと考えられます。

 

これまで、フォード、ナイキ、サムスンなどの大手企業を含め、使用してオンラインストアを開始する企業は数十万あります。

 

2018年、アドビ(Adobe)はコマース商品を完了させるために16億8000万ドルの価格でMagentoを買収し、Magentoがエンタープライズ市場で発展することを支援します。

Magentoバージョンの紹介

Magentoは、Magento Open Source(以前はMagento Community Edition)とMagento Commerce(以前はMagento Enterprise Edition)の2つのプラットフォームを提供しています。

 

|Magento Open Source

 

誰でも使用できるオープンソースコードを備えた無料バージョンです。サブスクリプションは必要ありません。無料の価格といってもライセンス料のみを指すことに注意すべきです。総合コストを考えるときは、ハードウェア、ホスティング、バックアップ、開発者の作業、PCI DSSコンプライアンスなどのコストを考慮する必要があります。 

 

|Magento Commerce(On-Premises)

 

オンプレミスでセルフホスティングのバージョンです。エンタープライズ向けに設計されたMagento Commerceには、ビジネスの規模と複雑さによるライセンス料があります。料金詳細は、Magentoチームからの具体的な見積もりが必要です。見積もりは、中小企業の場合、年間約4万ドルからです。

 

|Magento Commerce Cloud

 

クラウドでホストされるバージョンのMagentoは、セルフホスティングの必要性を除き、オンプレミスバージョンと同じ機能を提供します。

Magentoを選ぶ理由

長期的なプロのEコマースサイトを開発したい企業や個人にとって、Magentoを優先事項と考えた方が良いです。Magentoが他のプラットフォームと何が違うか、下記のように基本的な機能の概要を見てみましょう。

 

|Magentoの基本機能

 

製品管理:様々な画像、製品についてのコメント・レビュー、お気に入りリスト、在庫情報

カテゴリ管理:製品を簡単に見つけて選択できるカテゴリ別

在庫管理:在庫や輸入・輸出などの管理

クライアントアカウント:アカウントのステータス、取引履歴、優先カタログ、住所、ショッピングカートなど

カスタマーサービス:機能の強化、顧客連絡フォーム、包括的なフォローアップ、電子メールサービス

注文管理

支払い:クレジットカード、PayPal、Authorize.net、Google Checkoutなどのあらゆる支払い方法、およびCyberSource、ePay、eWAYなどの外部支払いモジュールのサポート

検索テクノロジー:高速、フレンドリー、Googleサイトマップでの検索のサポート

国際的なサポート:多言語、多通貨

プロモーション・マーケティングツール:クーポン、プロモーションなど

分析・報告:Google Analyticsサービスと連携し、複数のレポートの提供

オムニチャネル: オムニチャネルは小売業の将来であるため、多くの加盟店はオンラインサイトにMagentoを、実店舗にMagento POSを使用しています。 そのおかげで、一元化されたシステムからビジネスを管理できます。

 

|Magentoの特徴

 

■オープンソース・高度なカスタマイズ

 

Magentoは、柔軟で拡張可能なEコマースソリューションだけでなく、カスタマイズする可能性も提供します。また、プラットフォームを拡張して、独自の差別化されたブランド体験を作成することもできます。このプラットフォームは、変化にうまく適応し、ショップオーナーの要件を満たすように変更される能力があります。

 

■ホスティングサービスを選択する自由

 

Magentoを使用すると、Eコマースの小売業者は1つのホスティングに固執することなく、ホスティングを自由に選択できます。これにより、オンラインビジネスが独自のファイルを保持できて、さまざまなホスティング会社を選択できるようになります。

 

■モバイルレスポンシブ

 

Magentoは、モバイルデザインの標準を維持するのに適しています。Magentoの無料バージョンと有料バージョンの両方に、モバイルショッピング体験を最適化するためのHTML5プラットフォームが組み込まれています。その結果、Eコマースストアは常に最適化されている状態にあります。

Magentoモバイルアプリは、スマートフォンやモバイルデバイスを使用していつでもどこでも接続できる消費者向けの充実したブランド体験を確立します。

 

■簡単なマルチプラットフォーム統合

 

サードパーティのアドオンやモジュールをMagentoストアに簡単に統合し、制限なしで変更することが可能です。ショップオーナーはGoogle Analyticsや、eBay、Paypal、MailChimpなどのサードパーティツールをサイトに結合してデータ分析に役立てることができます。したがって、最適なツールを見つけてすぐにストアに「プラグイン」することができます。

 

■速いスピード

 

サイトロード時間の面でMagentoがリーダーです。

Magentoは、世界最速のEコマースストアを作成することを使命としており、高速読み込みのWebページも作成できることで知られています。

ページの読み込みが遅いと、ユーザーに非常に悪い体験をもたらします。 多くの場合、読み込みが遅いページからの損失がすぐに見られ、意外な結果につながることがあります。

 

Magentoのパフォーマンスは、カスタマイズ機能と信頼性により、印象的です。 PWAストアを利用すると、Webサイトをさらに速くして顧客を喜ばせることができます。

 

■SEOフレンドリー

 

Magentoは、SEOに適したコンテンツ管理システム(Magento SEO)です。 以下のようなSEO機能が多く含まれています。

 

 ・検索しやすいURL

 ・サイトマップ

 ・階層化されたナビゲーション

 ・製品タイトル

 ・キーワード

 ・メタタグ

 ・メタディスクリプション

 

SEOに関しては、MagentoのEコマースが最新のSEOランキング要素で更新されます。 SEOに必要なURL構造とメタ実装オプションを提供します。サイト訪問者を追跡するための分析も含まれています。 これはMagentoの最も優れた機能の1つです。

ベトナムにおけるMagento によるオフショア開発事例

ベトナムにおけるオフショア開発に関心を持つ日本企業が増えていますので、この記事では、ベトナムオフショアでMagento 技術を使用したオフショア開発の最近の事例をご紹介いたします。

 

■顧客および製品の情報

 

・お客様は日本の大手SI会社であり、エンドユーザーは各種機械器具等の販売を提供している日本の大手会社です。

・この製品はeコマースシステムで営業者担当者、倉庫担当者、貿易担当者、乙仲、エンドサプライヤーの業務が管理できるシステムです。このシステムでは見積受注管理、入出庫管理、会計会計の機能を提供します。

・お客様は、ユーザー管理、分散化、多言語、マスターなどの古いシステムの基本部分を利用でき、エンドユーザーのニーズに合わせて柔軟にカスタマイズできるプラットフォームを必要としました。そのため、高度なカスタマイズ性や簡単な統合などの優れた機能を備えたMagentoオープンソースを選択しました。

 

■プロジェクトの概要

 

・期間:12カ月

・オフショア側担当工程:技術調査、外部設計(一部)、内部設計、実装、単体テスト、連結テスト

 

■チーム構成

 

・技術調査~外部設計:毎月20人(5カ月)

・内部設計~連結テスト:毎月90人(7カ月)

 

■技術

 

・PHP Magento

 

■オフショアが担当した部分

 

・プロジェクト全体PMを担当しました。

・技術調査、アーキテクチャ検討、プロトタイプ開発から設計、実装、テストまで日本のお客様とオフショアチームと調整して、各種計画とPMC、リスク管理などを実施しました。

この記事を書いた人

SY PARTNERS CO.,LTD

私たちは、日本市場向けのオフショア開発を十数年間行ってきた、プロジェクトマネージャーグループです。豊富な経験に基づいて、クライアントの成長と進化に伴走し、ビジネス成果につなげ、ベトナム開発の価値をより一層高めることを目指して、起業しました。

 

弊社は、有効なソリューション(Salesforce、Magentoなど)を活用したデジタルトランスフォーメーション実現、PoC研究開発、開発拠点・体制づくり、およびプロジェクト管理コンサルティングのサービスをご提供いたします。

役員及びプロジェクトマネージャー、開発リーダーまで英語と日本語の両方ができますので、ストレスなく、効率が良い開発をお届けいたします。


企業選定にお困りでしたら、オフショア開発. comの専門スタッフが無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)