Salesforceとは|なぜこれほど人気が出たのか|ベトナムオフショアのSalesforce開発事例

公開日:2022/05/01 最終更新日:2022/04/26

Salesforceとは|なぜこれほど人気が出たのか|ベトナムオフショアのSalesforce開発事例

大量データ処理ニーズが増えつつあるため、企業は顧客データをうまく活用するのに役立つプラットフォームを使用する必要があります。SalesforceはそのようなCRMプラットフォームの一つです。Salesforceは、新興企業からFortune500企業までさまざまな企業で使用されています。

 

このSalesforceの記事では、Salesforceとは何か、そしてそれがどれほど有益であるかを説明します。また、ベトナムでSalesforceのプロジェクトがアウトソーシングできるかどうか疑問に思っている方には、ベトナムでのSalesforceに関係するオフショア開発の事例も提供します。

INDEX

1. Salesforceとは

2. Salesforceは何に使用されるか

3. Salesforceがこれほど人気になるのはなぜか

4. Salesforceを使用しているのは誰か

5. ベトナムでSalesforceによるオフショア開発事例

Salesforceとは

Salesforceは、グローバルなクラウドコンピューティング企業であるセールスフォース・ドットコムが提供するクラウドベースのエンタープライズプラットフォームです。セールスフォース・ドットコムは、使いやすいSalesforceビジネスアプリケーションを通じて、世界中の顧客、見込み客、パートナー、販売、および市場サービスとのつながりを維持することにより、関連する顧客体験の作成を支援します。

 

このプラットフォームは、CRMプラットフォーム市場のリーダーです。International Data Corporation(IDC)のデータによると、Salesforceは、2020年のCRM市場シェア全体の19.8%を占めましたが、Oracle、SAP、Adobe、およびMicrosoftの合計シェアは17.8%でした。

Salesforceは何に使用されるか

全体像では、Salesforceは、販売、サービス、マーケティング、コマース、分析、統合、および持続可能性に使用されます。 以下は、Salesforceの3つの主要なサービスです。

 

|サービスとしてのソフトウェア(SaaS)

 

このサービスは、一元的にホストされるアプリケーションを提供します。インストールやダウンロードはありません。ログインするだけで、クラウド全体でソフトウェアを使用できます。

 

|プラットフォームとしてのソフトウェア(PaaS)

 

このサービスは、アプリケーションインフラストラクチャの最大のチャンクを処理します。これにより、ユーザーは、すぐに使用できる統合プラットフォームでアプリケーションを開発および実行できます。セールスフォース・ドットコムは、PaaSの最大のビジネス上の利点がその柔軟性とスケーラビリティにあることを示しています。フレームワーク内で、アプリは小規模から開始して、エンタープライズレベルの要求を満たすために後で拡張できます。

 

|インフラストラクチャーとしてのソフトウェア(IaaS)

 

このオンラインプラットフォームは、高レベルのAPIを提供します。ハードウェア、サーバーのインストール、またはストレージは実質的に必要ありません。すべてのデータは、Salesforceクラウドに安全に保存、バックアップ、および維持されます。IaaSは、組織のインフラストラクチャの完全な代替として機能するわけではないことにご注意ください。 

 

Salesforceは、さまざまなタスクに使用されます。それでも、それらはすべて、クライアントとのより強力な関係を構築し、ビジネスを円滑に拡大するという単一の目的に向けられています。クラウドコンピューティング市場のコンテキスト内でSaaS、PaaS、およびIaaSの価値を理解することにより、ビジネスのニーズをより適切に満たすパスを受け入れることができます。

Salesforceがこれほど人気になるのはなぜか

Salesforceは8年連続でCRM市場シェアで1位にランクされました。 Salesforceは、他のどのCRMベンダーよりも全体的な市場シェアの地位を高め、収益を増やしました。数えきれないほど多くのメリットがありますが、主なメリットは、イノベーション、接続性、生産性、統合、およびソーシングです。

 

|イノベーション

 

Salesforceは、Einstein AIやモバイルCRMなどの高度なサービスと最先端のテクノロジーを開発および促進することを重要視しています。これらのテクノロジーは、データ駆動型の分析を提供して、ビジネスの接続と情報提供を迅速かつ積極的に維持し、より賢明な意思決定を実現します。

 

革新的なプロジェクトを熟考しているSalesforceシステムは、Salesforce Developer Experience(SFDX)に特に重点を置いています。ユニークで将来性のあるテクノロジーとして、Salesforceプラットフォームの範囲内でエンタープライズアプリケーションを構築する開発者に計り知れないレバレッジを提供する一連の手段を提供します。SFDXをSalesforceクラウドプラットフォームに採用することで、開発者はエンタープライズアプリケーションの開発と保守に費やす時間が短縮されます。つまり、スケーラビリティを高めるさらなるプロジェクトにさらに重点を置くことができます。

 

|接続性

 

Salesforceは、ビジネスニーズと要件に応じてカスタマイズおよびアップグレードできる、統合された安全でスケーラブルなプラットフォームとして、コアビジネスアクティビティのアウトリーチを拡大します。ポイントアンドクリックの開発言語、組み込みのワークフロー、多数の構成、インフラストラクチャのオーバーヘッドなし、実行可能な統合ツールはすべて、企業がコアの問題を解決し、残りをベンダーに任せることを可能にします。

 

Salesforce Connectなどの機能により、企業はプラットフォーム間でのデータのシームレスな統合と、接続性の向上の両方を享受できます。説明のために、オンプレミスに保存されている重要なデータの巨大なチャンクがあると想像してください。データの管理は、エンタープライズリソースプランニング(ERP)に依存しています。ただし、外部からデータに接続するために、データを会社の組織にコピーする必要はありません。代わりに、Salesforce Connectを使用して、Webサービスのコールアウトを介してリアルタイムでデータにアクセスできます。プロセスの簡素化と接続性の向上により、時間とリソースが節約されます。

 

|生産性

 

すべてのツールをすぐに使用でき、専門家のニーズに合わせて調整することで、ビジネスプロフェッショナルとして、改善された情報編成、360度の顧客ビュー、強化されたコミュニケーション機能、タスクとワークフローの自動化、Salesforce MobileとSalesforce Lightning プラットホームによるより深い洞察を得ることができます。これにより、取引をより迅速に成立させ、顧客にサービスを提供し、マーケティング活動を促進し、あらゆるデバイスで新しいより高いレベルでコラボレーションする機会を提供することで、より積極的かつ生産的になることができます。

 

さらに、Salesforceプラットフォームは開発者の生活を楽にすることができるため、生産性の向上につながる可能性があります。 Salesforceシステムでは、Apexコードを簡素化および削減できます。簡単に言うと、この機能により、データベースステートメントの総数が節約されます。さらに簡単に言えば、開発者が複雑なコードでの作業に費やす時間を短縮するのに役立ちます。

 

|統合

 

Salesforce.comは、ERPからカスタムプラットフォーム、ソーシャルメディアなどに至るまで、スーツや外部システムのセット全体と統合できる独自のエコシステムです。

 

Salesforceの包括的な統合機能は、AppExchange(双方向のデータ交換と同期を可能にするアプリマーケットプレイス)、Heroku(クラウドにアプリをデプロイおよび統合するためのプラットフォーム)、およびMuleSoft Anypoint(統合ネットワークにアプリを統合するためのプラットフォーム)によって強化されています。

 

移行を改善し、統合プロセスを容易にする、ユニークなLighting Experience (LEX)があります。基本的に、選択したSalesforceプラットフォームに移行する際に、より少ないリソースを消費するのに役立ちます。 

 

|ソーシング

 

Salesforceシステムを使用すると、ソーシングのプロセスがスムーズになります。 プラットフォームは、単純な自動フローを構築するための非同期Apexツールを提供します。 検証ルール、トリガー、およびフローに基づいて、システムがソーシング機能をルーフ上に流すことができます。

Salesforceを使用しているのは誰か

Salesforceによると、15万社を超える企業がSalesforce CRMを統合プラットフォームとして使用しており、データ管理を改善するために、任意のデスクトップまたはモバイルデバイスからアクセスできます。市場をリードするCRMプラットフォームとして、Salesforceの顧客は、小規模な新興企業から大企業までさまざまな規模のさまざまな業界から来ており、B2BやB2Cのビジネスタイプが含まれています。

 

Salesforce CRMを使用している巨大企業には、230万人の従業員を抱える小売組織であるWalmart、35万人の従業員を抱えるヘルスケア組織であるUnitedHealth Group Incorporated、39万人の従業員を抱える銀行および金融サービス組織であるBerkshire Hathawayがあります。Spotify、Amazon Web Services、T-Mobile、IBMなどの大手ハイテク企業もSalesforceのクライアントです。トヨタやキヤノンなど、多くの日本の大手企業もSalesforceを利用しています。

 

大企業に加えて、Salesforceのクライアントの約70%は、従業員数が100〜10,000人の中小企業です。

ベトナムでSalesforceによるオフショア開発事例

この記事では、Salesforceを使用したオフショア開発の事例をご紹介いたします。

 

クライアントはSI企業ですが、エンドユーザーのクライアントは日本の大手製薬会社です。顧客体験やマーケティングの販売効果を最適化するために、クライアントはオンラインショッピングサイトのリニューアルをしました。

 

◆システム概要

システムは製薬商品のオンラインショッピングサイトです。

 

◆期間、規模

全工数は約79人月。12人のオフショア体制(1 PM、1 BSE、10 SE)、Agile方式で開発を進めました。

 

◆担当した工程

製造、テスト(設計段階でお客様側に技術的な解決策も提案しました。)

 

◆技術

 ・プラットフォーム:Salesforce(SFCC、SFSC)、AWS

 ・ペイメントゲートウェイの統合:Paypay、Veritrans、Atodene

 ・ツール:Gorilla EFO、CustomerRings、Yui

 

◆ポイント

・既存のシステムの処理ロジックに加えて、お客様にはサブスクリプション、クーポン、在庫管理モジュール等に関する新しい処理ロジック要件がありました。オフショア側は、要件を明確にし、SFCC技術に基づくソリューションを調査して提案しました。

 

・また、オフショア側はSalesforceの専門家も体制に入れて、初期対応の方向性についてアドバイスし、お客様が選択できるように多くの推奨事項を提案できました。

この記事を書いた人

SY PARTNERS CO.,LTD

私たちは、日本市場向けのオフショア開発を十数年間行ってきた、プロジェクトマネージャーグループです。豊富な経験に基づいて、クライアントの成長と進化に伴走し、ビジネス成果につなげ、ベトナム開発の価値をより一層高めることを目指して、起業しました。

 

弊社は、有効なソリューション(Salesforce、Magentoなど)を活用したデジタルトランスフォーメーション実現、PoC研究開発、開発拠点・体制づくり、およびプロジェクト管理コンサルティングのサービスをご提供いたします。

役員及びプロジェクトマネージャー、開発リーダーまで英語と日本語の両方ができますので、ストレスなく、効率が良い開発をお届けいたします。


企業選定にお困りでしたら、オフショア開発. comの専門スタッフが無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

このページを見た人は以下の記事も見ています。(関連記事)